ドイツ語教員が教えながら学ぶ日々

熊谷哲哉 ドイツ語教育、ドイツ文学、文学じゃないけどおもしろいものなど。

思い出

大学受験の失敗をどうやって乗り越えるか?

だいたい毎年同じ時期に同じことを考えている 今年も無事に後期の授業が終わり、あとはテストや成績評価を残すのみとなっております。昨年は2月に書いたこの記事が、当ブログではめずらしく、多くの人に読んでいたただき、たくさんのコメントやさらには電話…

2019年買ってよかったもの

今週のお題「2019年買ってよかったもの」 毎年年末に書いている「今年買ってよかったもの」シリーズを今年も書いてみます。日用品、工具、服や靴などさまざまなジャンルから、思いつくものをいくつか挙げます。 ビルケンシュトック ボストン 革靴の様に見え…

11号館跡に新館ができたこと、そして最近の昼食

11号館がなくなるまで 2014年に着任して、16年の暮れまでを11号館で過ごしました。17年の新年からは、現在いる18号館北棟が私の巣となっております。 15年から続いている改装工事については、これまでの記事で何度も書いて来ました。 schlossbaerental.haten…

本の街で学んでいた頃

久しぶりの百万遍古本市 今月の初め、たまたま独文学会京都支部の委員会のため、京大を訪れていました。母校とはいえ、いまは非常勤講師もやっていないし、指導教員も定年で去ってしまったので、最近では学会の用事くらいしか来る機会がありません。それどこ…

台風で崩れた橋を見たのはいつのことだったのだろう

栃木県の台風被害 大平町は過去に水害に遭ったことがあるのか? 1911年7月の「栃木地方大台風」 1947年のカスリーン台風 1980年代の台風被害 1982年8月、台風10号 1982年9月、台風18号 1986年8月の台風10号 おまけ 昔の事件が興味深い 82年9月の台風時に起き…

四万十川ウルトラマラソン完走できず

5回目のウルトラマラソン100キロへの挑戦 10月20日に高知県四万十市で開催された、四万十川ウルトラマラソンに出場してきました。100キロのウルトラはこれで5回目*1ですが、残念ながら今回も完走はできませんでした。 なぜ今回も失敗したのか、9月の丹後ウ…

一年経って父の思い出をふりかえる

71歳になったばかりだった父が亡くなって、9月19日でちょうど1年になりました。この一年考えてきたことをまとめます。 一周忌。みんなでお墓をきれいにしてお線香をあげました。 超高齢社会とはいうけど、けっこう早く死んでる人もいる 超高齢化とか、団塊世…

20年ぶりのベルリン滞在(3)日曜日に一人でワイン祭りをする

前回の記事を書いた後、26日から4日間は、アジアゲルマニスト会議参加のため札幌に滞在し、月末には栃木で父の一周忌、その直後に琵琶湖で現代ドイツ文学ゼミナールに参加と、この一週間は落ち着いてブログが書けませんでした。大阪に戻ってきたので、ふた…

20年ぶりのベルリン滞在(2)かつて好きだった場所を歩いてみる

ティーアガルテンをジョギングで一周 最初にベルリンに滞在した98年の冬、空港からZoo駅を経由して市内に入った私は、エルンストロイタープラッツ周辺のホステルに泊まりました。そこで2日過ごした後で、フリードリヒシュトラーセにあったゲーテインスティ…

パナソニックGX7Mark3を使ってみた

またカメラを買っていた 春から夏にかけて、毎日歩いている景色に彩が増えていくように感じて、写真を撮りたくなりました。毎年ですが、初夏あたりにカメラを買ったり売ったりしています。今回は、ここ数ヶ月で買った2つのカメラとレンズについてまとめます…

コーヒーを自分で焙煎して飲みたい

コーヒー屋で過ごした院生時代 もう10年以上前のことですが、大学院修士課程の3年目から博士課程の1年目まで、合計3年ほど、京都の喫茶店で調理係のバイトをしていました。 www.maedacoffee.com (久しぶりに見ましたが、ずいぶん凝ったつくりの公式サイトで…

初夏のミュンヘンを歩く

UK旅行のついでに、2日間だけミュンヘンに滞在 先日書いた、UKでの学会のあとに、2日間だけミュンヘンに寄り道し、少し資料調査をしました。 schlossbaerental.hatenablog.com schlossbaerental.hatenablog.com ここ数年、毎年夏休みにミュンヘンを訪れて…

イギリスで心霊主義の国際学会に参加しました

初めての海外学会 5月30日、31日にイギリス、リーズトリニティ大学で行われた国際学会、Science and Spiritualism 1750-1930にて口頭発表を行いました。 Science and Spiritualism, 1750-1930 今回の学会のために、5月後半はずっと準備にかかり、28日に渡英…

増補版:研究室に何が必要か?

3年ほど前に、研究室に必要なものについて記事を書きました。あれから、私の研究室もリニューアルしたので、もう一度あらためて、どんな物品があると便利なのか考えてみようと思います。 schlossbaerental.hatenablog.com 上記の記事と重複するところもあり…

紺のスーツを着ていた私と黒くなっていった時代

入学式のスーツが真っ黒だ というのが昨今話題になっています。 www.asahi.com 有料記事なので読んでいませんが、まあ、たぶん今の学生がみんな大学入学時から就職活動を見据えて黒スーツを着ている。悪目立ちすることを嫌う、保守的な若者気質が批判され、…

北白川を歩いて京都時代をふりかえる

約一年ぶりの京都 学会役員の会議のため、京都大学に行ってきました。ちょうど合格発表後の、入学手続きや下宿探しの時期なので、多くの新入生やその親御さんで、本部キャンパスは賑わっていました。 私が用があるのは、そっちじゃなくて吉田南校舎のはしっ…

Panasonic Lumix G9Proを買ってみた

フルサイズミラーレスって結局どうだったのか? ちょうど一年ほど前に、ソニーのα7R2を購入し、シグマのMC-11をつけて、キヤノンEFマウントのレンズをつけて使用していました。 schlossbaerental.hatenablog.com (この記事が約一年前) 花火大会やドイツ…

ド・ロ神父ゆかりの外海の教会を見る

長崎の旅4日目 これまでの旅程 schlossbaerental.hatenablog.com schlossbaerental.hatenablog.com 4日目は朝早くに福江港を出て、お昼前に長崎港に到着。長崎港でお昼を食べて、レンタカーを借り、郊外にある外海(そとめ)地区を見て回りました。 福江港…

福江島の教会群とおいしいもの

長崎の旅つづき 福江島では、マラソンコース上にある水ノ浦教会と楠原教会、さらに堂崎天主堂を訪れました。↓前回の記事です。 schlossbaerental.hatenablog.com 水ノ浦教会 白い木造の教会です。長崎の多くの教会を手がけた鉄川与助の建築で、1938年に立て…

北関東のぜひ行ってみたい場所、牛久大仏

年末は栃木へ帰省 11月の法事に続いて、年末もまた栃木の実家に行っていました。喪中なので当然お正月は何もしませんが、お墓まいりや父の遺品整理、手続き関係の確認などがあったため、今回も車で栃木へ向かいました。 新大阪まで自宅から20分もかからない…

ブログ記事で振り返るこの一年

2018年もあと一週間で終わりです。早かったとは思うのですが、やはり一年を振り返るといろいろなことがあり、大きな変化がいくつかあったので、それなりに長かったように感じています。 昨年と同様、今年も自分で書いた記事を振り返りながら、一年のできごと…

買ってよかったものから、この一年を振り返る

今週のお題「2018年に買ってよかったもの」 1)マンション 新居近くの堂島川です。堂島・中之島のビル街も歩いてすぐです。 今年の初め頃に、本格的に引っ越しを検討し始め、4月ごろに物件を決めて、7月に福島区に引っ越しました。 schlossbaerental.hatena…

学際系研究科で学んだこと

学際系って何だったのか? ここ最近、自分が20年前に大学院で何を学んだのか、そこから何を得てきたのかといったことを考える機会が何度かありました。また、大学院を終えて(単位取得退学して)10年が過ぎ、学際系研究科で学んだことを、どう大学教員として…

私たちの生活を変える商品とは?

基礎ゼミ2は文献購読と発表 経営学科の1年生のゼミの授業を担当しています。毎年基礎ゼミでは、ディスカッションや発表の仕方、ディベート、リーディング、そしてレポートを書く練習などをしてきました。今年は後期の基礎ゼミを履修する学生が非常に少ない…

父を送る

父が亡くなる 30歳くらいの父。抱っこされているのが1歳くらいの私。 大学4年時。父は52歳。 最後に会った父71歳。そして兄(事情によりやらない夫にしています)。 2018年9月19日水曜日の夜中に、父が亡くなりました。9月4日に71歳の誕生日を迎えたばかりで…

毛脛を出す男子たち 学生の服装はどう変化したか

テスト中は普段考えないことを考える 学期末ということで、今週は授業の代わりにテスト監督をしていました。私たち専任教員の場合は、監督補助として、別の授業(おもに100人以上の大講義科目)のテストをお手伝いすることがあります。 自分の担当科目であれ…

警察署での免許更新

5年ぶりの免許更新 6月末に引っ越しをして、翌週の初め(7月2日)に市役所で移転の手続きなどを済ませました。 引っ越し当初に、土地勘のない街で色々な手続きをしないといけないのはめんどうです。以前住んでいた西宮市は、市役所が歩いて行くには少し遠…

だいたい4年で慣れる

一つの場所に馴染むのにはけっこう時間がかかるということを実感しています。 いま、東大阪市の職場に通い始めて5年目ですが、ようやく慣れてきた感じがします。 京都に馴染めなかった最初の四年 これまで、19歳まで栃木で過ごして、その後東京4年、京都14…

おばあさんを送る

祖母、98歳の大往生 母方の祖母の葬儀に出るため、久しぶりに母の実家がある宮城県に出かけていました。祖母と会うのは、2010年の春以来でした。その当時も祖母はもうだいぶ高齢で、なかなか顔をあわせる機会がないから、と山形への出張のときに無理やり寄り…

エリアスとフェリックスのこと

ドイツ語の名前の話 今日の授業で、ドイツ語のファーストネームVornameの話をしました。というのも、たまたま使っていた教科書に出てきたドイツ人の名前がHansとちょっと古風だったので、ドイツ語の名前にも流行り廃りがあるのだということを説明しました。 …