読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツ語教員が教えながら学ぶ日々

熊谷哲哉 ドイツ語教育、ドイツ文学、文学じゃないけどおもしろいものなど。

文学の町、マールバッハ

18日と19日の二日間、Stuttgartに滞在して、マールバッハのドイツ文学資料館を訪ねました。資料館での調査については、別の記事にまとめますが、なかなか貴重な体験ができました。

マールバッハのドイツ文学資料館

ドイツ文学資料館Deutsches Literaturarchiv (DLA)は、StuttgartからSバーン(近郊列車)で30分ほどの小さな町マールバッハにあります。

f:id:doukana:20160818130919j:plain

マールバッハ駅前。特に何もありません。電車は一時間に2,3本。

マールバッハは詩人フリードリヒ・シラーの生まれ故郷として知られています。Stuttgart駅前にもシラー像がありましたが、マールバッハからルートヴィヒスブルクの学校を経て、Stuttgartで青年期を過ごしたためです。

マールバッハの駅からDLAまでは、バスがありますが、本数が少ないので私は二日とも歩いてきました。緩やかな坂道をえんえん上って15分ほどで到着します。その間に、マールバッハの旧市街の入り口が見えました。

f:id:doukana:20160818131818j:plain

DLAがある場所は、ネッカー川を見下ろす丘の上です。ドイツ文学博物館のテラスにでると、広々とした谷沿いの景色を楽しめます。

f:id:doukana:20160818133210j:plain

こちらがドイツ文学資料館。

f:id:doukana:20160818132810j:plain

現代的な建築のドイツ文学博物館。中はかなり寒かったです。

f:id:doukana:20160819170711j:plain

シラー像です。銅像を撮るのはなかなか難しく、何度も失敗してようやく顔がはっきり見える写真になりました。

f:id:doukana:20160818133032j:plain

眺めの良い、広々とした場所なのでとうぜん噴水がありました。

f:id:doukana:20160818132805j:plain

文学博物館から見た、ネッカー川。

 

DLAで資料を見てから、博物館も見学しました。ここは、シラーやメーリケを中心に、さまざまな作家たちの手稿や手紙、初版本などが展示されています。面白かったのは、シラーの肖像の部屋でした。おなじみの長髪でイケメンのシラー像が並んでいます。たなびく赤みがかった髪と細い鼻、そして鍵煙草入れなどの小道具も含めて、同じイメージが踏襲されているのが分かります。

f:id:doukana:20160819164239j:plain

f:id:doukana:20160819164257j:plain

やや落ち着いた印象のシラー。これは岩波文庫の表紙になっていましたね。

f:id:doukana:20160819164311j:plain

この肖像も見覚えがある。これも岩波文庫でしたね。

マールバッハ旧市街

博物館がある丘(Schillerhöhe)からネッカー川のほうへと下ると、マールバッハの町があります。先日訪れたコルマールのような、こじんまりとした古い家並みが残っています。

f:id:doukana:20160818180923j:plain

f:id:doukana:20160818180910j:plain

f:id:doukana:20160818181233j:plain

f:id:doukana:20160818181552j:plain

f:id:doukana:20160818181415j:plain

近づいてきた猫のきょうだい。撫でまわしたら手が猫毛だらけになりました。

f:id:doukana:20160818181458j:plain

f:id:doukana:20160818181944j:plain

f:id:doukana:20160818182010j:plain

シラーの生家というプレートのついた家もありました。

 

この町の外側は、ネッカー川に下る急な坂道になっています。どうしても外から見た旧市街の様子が撮りたかったので、帰りのSバーンがネッカー川を渡るときに、カメラを出して撮影しました。傾斜した土地に立つ町が、ぐるりと巡らせた塀で守られているのがよくわかります。

f:id:doukana:20160819174027j:plain